9年プーアル小沱茶

ページガイド
HOME » 商品ラインナップ » 9年プーアル小沱茶

9年プーアル小沱茶

9年プーアル小沱茶

下の画像をクリックすると上の大きい画像が切り替わります

  • 9年プーアル小沱茶
  • 9年プーアル小沱茶 イメージ
  • 9年プーアル小沱茶 イメージ
  • 9年プーアル小沱茶 イメージ
店主のおすすめポイント
小さいお椀形のプーアル小沱茶。1回分になっているので、崩す必要もなくとっても手軽に飲めます。プーアル専用の茶壺で淹れましょう。
発酵しているので胃にも優しく、からだも温めてくれます。
沢山食べてしまったあとは、プーアル茶を飲みたくなります。
飲み始めると、くせになってしまうお茶です。
かび臭くもなく、埃っぽくもない、美味しいプーアル小沱茶です。
商品名:
9年プーアル小沱茶
商品コード:
T114
価格:
1,620~7,560(税込)
ポイント: 75~350 Pt
  • サイズ:
数量:

プーアル茶はすべて後発酵茶に属します。雲南大葉種の晒青毛茶を摘んで製茶される雲南省の特産銘茶です。
主な製茶工程は殺青、揉捻、渥堆(あくたい)、乾燥(緊圧茶の場合→固形に成型)。この製茶工程の中でも渥堆が黒茶(プーアル茶)の品質特性の大事な鍵をにぎる工程となります。渥堆とは、揉捻した茶葉を積み重ね、人工的に一定の温度湿度を保つよう、湿った布や麻袋をかけて、一定時間発酵させます。途中何度か攪拌させる工程です。
独特の陳香、陳味(年月の経過による熟成した香り、味)があります。茶ガラは「深猪肝色(豚のレバー色)」と表現します。
プーアル茶には仕上がりの形によって、散茶、緊圧茶があります。緊圧茶はさらに正方形に固めた方茶、お椀型に固めた沱茶、円盤形に固めた餅茶、レンガ型に固めた磚茶があります。

美味しい淹れ方は、まず茶器をお湯で温めます。プーアル茶は洗茶をします。茶壺にプーアル小沱茶をひとつ入れ、茶葉が浸るくらいのお湯を注ぎます。1分程度蒸らし、お湯を捨てます。
1煎目、茶壺にお湯(100℃)を注ぎ20秒~30秒蒸らします。その後、茶海(ちゃかい)に茶湯をすべて注ぎ切ります。茶海から品茗杯(ぴんみんべい)に茶湯を注ぎます。
茶湯の色、透明度、つやつや感を目で楽しんでからいただきます。味わい、香り、余韻を楽しみながらお飲みください。蒸らし時間を少しずつのばして煎を進めます。
茶壺の大きさによりますが、8煎~10煎までは充分に美味しく飲むことができます。

産地雲南省
発酵度100%
シチュエーション新陳代謝を促し、利尿作用がある
美味しい淹れ方
水温100℃
茶葉の量3~5g
蒸らし時間洗茶1分程度蒸らす。1煎目は20~30秒。 2煎目以降10秒~20秒ずつ蒸らし時間をのばしていく。

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

買い物カゴ

合計数量:0

商品金額:0円

売れ筋ランキング
第1位
第2位
第3位
第4位
第5位
商品カテゴリー
茶葉
茶器・その他
焼き菓子
ギフト(セット)
営業カレンダー
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

休業日カラー見本=当社休業日となります